深く考えず引っ越しの機会に処分

不用品の仕分けをいつまでも続けていると引っ越し作業が進まなくなりますよね・・・。だけど不要品って家の中にたくさんあるからやらないわけにはいきません。我が家には使っていないのに大事に保管してあるモノがたくさんあります。主に衣類と家電なんですが、使っていないのに着ていないのに大事に保管して何になるんだろう?といつも疑問に感じています。
a2edf74ba656fb9322888ff6ba770bf5_s.jpg
それなのにいざ捨てるとなると惜しくなるんですね・・・。貧乏性だからどうしても捨てることができない。特に衣類はまだまだ着られるものなのに捨てるなんて考えられません。昔流行したデザインの服は個性が強くもう着られないのに、値段が高かったからという理由で捨てることができず溜まっていく一方・・・。

家電も使っていない空気清浄機や掃除機がいくつも。加湿器のような小さなモノなら誰かに譲ることはできるけど掃除機や空気清浄機のような比較的大きなモノは譲るのだって大変。だからいつまでもクローゼットにしまわれっぱなし。これじゃモノがあふれて生活しにくくなるばかりです。

引っ越しはこういう不要品を一気に片付けられる良い機会。いつまでも考えていると作業が進まないので深く考えずに捨てるのがコツです。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2017年5月17日

dunesu (15:44)

カテゴリ:引越の段取り

« 引越しの際には見積担当者に見てもらう | ホーム | 引っ越し業者選びはこうしてます »

このページの先頭へ

Dr.HOUSE