引越しの際には見積担当者に見てもらう

9cb952a6d53ca773c529c0aae6459d38_s.jpg

引越しをするときには、住宅がある場所によっては、大きなトラックが横付けできない可能性があります。

長距離を移動する為に1つの大型トラックに全ての道具を入れる段取りで現場に入ると、トラックが家の横まで移動できないので、小さなトラックで積み替えしたりする作業が必要になる可能性があるのです。

このあたりのミスを無くすためにも、引越し作業をする前の段階で専門の業者の見積担当者を呼ぶことが重要です。電話だけで見積の相談をすると、後で追加の料金が請求される自体になったり、トラックが家の前に横付けできないような自体になります。

スムーズに引越しをするためにも、依頼する引越し業者の見積担当者が自宅に来て様々な部分を確認してもらう必要があります。

特に、2階以上の建物に住んでいる場合には、階段から家具類などが問題無く移動できるかどうか担当者に見てもらうことが重要になります。らせん階段のような建物がある場合は、家具類が上手く移動できない可能性があります。

ビルなどによっては、入り口のエレベーターを使うのではなく、裏口の非常口から家具類を出さなければいけない状況もあります。そのあたりの移動ルートなどの確認も必要となってくるのです。

引越し料金を節約するには→引越し 混載便 料金

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2017年2月 2日

dunesu (14:00)

カテゴリ:引越の段取り

« 引越しは特技といっても過言ではない | ホーム | 深く考えず引っ越しの機会に処分 »

このページの先頭へ

Dr.HOUSE