引越し前にデータをバックアップする

引越しをする前の段階でやっておくべき事の一つに、自宅で使ってるパソコンなどのデータのバックアップがあります。基本的には引越の作業でパソコンが破損する可能性は低いのですが、実際のところハードデスクのデータなどに破損が出てしまうと、読み込み負荷の状態になります。


トラックで小刻みの振動を与え続けると、これまで正常に利用できていたハードディスクが破損する可能性は少なからずあります。そのあたりを考慮してデータをバックアップしておく作業を試みるのです。
キーボード2.jpg
そして、引越し業者に依頼するときにはこのような破損しやすいものは依頼しない考え方が有効です。実際に、引越し業者がパソコンを移動した際に落下などがあり中のデータが壊れたときには、それを証明する事ができないのです。

そして、更に問題なのは中のデータの重要度がどれくらいであるのが、自分以外の人は分からず弁償になった場合でも、割に合う金額が提示される可能性は低いのです。

つまり、破損しやすいものを依頼した方が悪いという考え方になってしまうので、ノートパソコンやタブレットなど、中のデータが心配なものに関しては事前にバックアップをすることも大事ですが、業者に依頼せず自分で移動する考え方が有効です。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2016年12月12日

dunesu (10:23)

カテゴリ:引越しの日記

« 引っ越し、検討。新たな選択肢。 | ホーム | 引越し業者が現場に入るときのスタッフの人数 »

このページの先頭へ

Dr.HOUSE