2年前の引越

 

5246515f6f856a9ec5641543e893f16c_s.jpg

2年前に新築へ引越ました。そのときに、引越会社を利用いたしました。その時に感じたことは、引越料金は、あってないようなものなのかなということです。数社と見積もりを取りましたが、まちまちでした。しかも、営業がかなり強引であること。会社を決めるだけに、非常に疲れてしまったことを覚えています。その数社と連絡をとっていたのですが、最初の会社さんに見積もりをお願いして、その次の会社さんに、こちらは前の会社より安くなりますよと言われ、じゃあお願いします。と決めたところに、その前に打ち合わせた会社から、すぐ連絡があって、どうですか?我が社にしませんかと言われ、違う会社が安かったので、そっちにしましたと言うと、じゃあもっと安くしますよと言い出す次第で、そんなやりとりを数回繰り返して、そのうちに、どこでもいいわというなげやりな気持ちになってしまうくらいでした。最終的に決めたところは、料金が安かったということだけで決めましたが、当日、来てくれたのは、大学生らしきバイト2人でした。何か足下見られてるのかなという感じです。だからと言って、高いお金を払えば、プロが来てくれたのだろうか疑問です。今後、引越をするかどうか分かりませんが、慎重に選びたいです。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2016年3月24日

dunesu (11:35)

カテゴリ:引越しの日記

« 友人のいる引越し業者 | ホーム | 初めての一人暮らしのための引っ越し »

このページの先頭へ

Dr.HOUSE