引越し先の準備を最初にしておくこと

引越しをする前に、引越し先の賃貸アパートなどの契約を済ませるのですが、その契約を済ませた段階ですぐに鍵を預かり、部屋の中を再度チェックした方が良いと思います。


引越しの際には、いきなり家財道具を入れるので、カーテンを設置したり、絨毯をひいたりするような時間はありません。家財道具を大量に入れた後から、このような準備を始めるとやりにくいので、早い段階で終わらせておいた方が良いと思うのです。
特に引越し 即日の場合は時間がないので段取りをよく考えて引越し準備する必要があります。

カーペットを敷くならば、物件を借りる段階でどの部屋にカーペットを入れるのか決めておくべきだと思います。その部屋の間取りを最初でチェックしておき、何処でカーペットを調達するかまで、決めておいた方が後々すぐに行動できると思います。

市販のサイズではなく、自分でカーペットをカットして合わせる作業をするのなら、更に作業時間も考慮に入れていく必要があるので、一日程度はカーペットの購入と作業時間に取られることになってしまいます。

そしてカーテンまでの設置が終わってしまえば、とりあえずの前準備は完了したことになります。当然、引越し日から、水道や電気が使える状態にする為に、前もって連絡して契約を済ませておくべきだと思います。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2015年1月26日

dunesu (10:45)

カテゴリ:引越の段取り

« 引越し前に使っていない衣類を減らす | ホーム | 引越しを機にいらないものを片付けよう! »

このページの先頭へ

Dr.HOUSE