割れ物を梱包する作業

数ヶ月後に引越しを控えているならば、今の段階から引越しの準備に取りかかるべきだと思います。引越しをするときには多くの家財道具をダンボール箱に入れて運ぶのですが、何もかも箱の中に入れてしまえば大丈夫というわけではないのです。

箱の中で揺れてしまうとお互いが接触して割れてしまうようなものも多いので、そのようなものは事前にクッションで包むような作業が必要になります。その梱包作業が結構時間がかかるので、後回しにしていると後で焦って適当な梱包作業になってしまう事があるのです。

割れ物を包むには、空気が小さく包まれているプチプチシートを使うことが望ましいのですが、ホームセンターなどでプチプチシートを購入すると、結構な金額になるので、節約したい場合は古新聞で代用します。

グラスやコップなどは、古新聞で一通り巻き付けるのですが、これだけではショックを多少吸収するだけで、ほとんど影響が無いので、ダンボール箱に押し込む時に、丸めた新聞紙を間に押し込むような感じで入れていき、大きく揺れてもグラス同士が接触しないような感じに作り上げるのです。

このような手間のかかる作業を、手持ちのグラスやコップなどがある分だけ繰り返さなければいけないので、結構な手間なのです。

引越し料金 単身 目安について知りたいなら!

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2014年12月13日

dunesu (22:19) | コメント(0) | トラックバック(0)

カテゴリ:引越の段取り

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.brynnmarrbhc.com/mtos/mt-tb.cgi/3

コメントする




« 引越しの時の段取りを考える | ホーム | 一人暮らししたい!! »

このページの先頭へ

Dr.HOUSE